【出題者:望月宗郎】脳神経外科の看護師の悩み[悩みアンケートin北海道]|看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]

脳神経外科の看護師でよくある悩みとは?

斎藤孝枝の悩み

脳神経外科だからこそ悩むこと

脳の病気ということで、気落ちされている方が多いです。そのほとんどが、開頭手術不要で1週間程度ですぐに退院できる状況なのですが、あまり楽観視できるものでもないので……。そのような方をどう元気づけるかで、かなり悩みますね。

村岡じゅんの悩み

脳神経外科だからこそ悩むこと

容体の急変がはっきり言って怖いです。しかもその急変というのが頻繁に起こります。そのたびごとに頭がパニックになりそうです……。

菊﨑優香の悩み

脳神経外科だからこそ悩むこと

開頭手術となってしまった方、特に髪の毛の長い女性の方に対して、髪を剃らなければならないことを、どう伝えたらいいのか悩みますね。

悩みはこうして解決!

斎藤孝枝の解決方法

無理に明るくしなくてもいいのか……と

脳神経外科の悩みだからこそ、脳神経外科の先生や先輩看護師に聞いてみたんです。どのような見解をお持ちなのかと思いまして。すると、無理に明るくする必要はないのだそうです。静かに考える時間も必要だと言われました。

村岡じゅんの解決方法

情報収集と予測を忘れずに

その日担当する患者さまの情報を集めて、それをもとに、その患者さまが急変したときの状況をあらかじめ想定しておく癖をつけるようにしました。そうすると意外とスムーズに、次にするべきことが浮かんできて、不思議と落ち着いて対応することができたんです。もちろん、先輩看護師さんからの指摘もやわらかくなりました。

菊﨑優香の解決方法

資料を用意

こればかりは医師の先生と相談するしかなさそうです。万が一のことを考えて、カツラのご紹介など、さまざまな関連資料を集めました。

【出題者:望月宗郎】脳神経外科の看護師の悩み[悩みアンケートin北海道]に関する情報

看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]