【出題者:石川莉子】皮膚科の看護師の悩み[悩みアンケートin奈良県]|看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]

 

皮膚科の看護師でよくある悩みとは?

北原マリアの悩み

皮膚科だからこそ悩むこと

患者さん一番多いのは、自分の症状は一生治らないのではないかと思い込んでしまう患者が思ったよりもたくさんいるということです。他の科であれば、例えば整形外科であれば、骨がくっつけば完治したといえるが皮膚科はスグに完治というわけには行かないのです。特に女性患者であれば心理的なことも問題になりますので退院したとしても長期の通院となるばあいがあるのです。

 

私だけ?と思う悩み

1人の患者のことを永久的に考えていてもしょうがない。患者は毎日新しい人がいるのだから自分でけじめをつけて、切り替えて治療を手伝うサポートをしていく事にしなさいと先輩から教えてもらいましたが私の性格的にどうしても納得がいかない部分があるので前に進めないときが多々あります。

 

入山香里の解決方法

問題を知る

患者の今の状況を知ることが問題の解決になることを今までの経験で知りました。患者がどういう経路で今の皮膚症状になってしまったのか原因を追究する事で治療のお手伝いができやすくなることをしりました。

 

ストレス発散に集中!奈良県ならではの方法

関西では京都と同じくらいに古都の歴史を持つ奈良の古い街並みを歩くだけで精神的に落ち着くことになります。自然をあまり好まれない人にも絶大な効果があります。鹿は動物のアレルギーがある人もいるので全ての人にオススメする事はできません。

【出題者:石川莉子】皮膚科の看護師の悩み[悩みアンケートin奈良県]に関する情報

看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]