【出題者:川本文乃】産科の看護師の悩み[悩みアンケートin大阪府]|看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]

産科の看護師でよくある悩みとは?

高砂朝美の悩み

産科だからこそ悩むこと

初めの頃配属が決まり、産科になった時は出産の場に立ち会うこと自体が一番の悩みでした。でも、仕事なのでそんなことも言ってられず場数を踏み続けることで慣れていき、産まれた瞬間の喜びを肌で実感するようになり、我が子が産まれたかと錯覚するくらい嬉しい気持ちでいっぱいになるようにまでなりました。ところが、最近は出産後の母親から色々と言われてしまうようになってきたのが最近の悩みです。私は初めての社会人経験で年齢もまだ21。出産経験もなく痛みを知ってあげられないのですが、笑顔で振る舞うよう努力していました。しかし、産後の母親に言葉をかけても「あんたは経験してないくせに偉そうに」と怒られてしまうことが増えてきて悩んでいます。全員がそういうわけではないのですが…。

 

悩みはこうして解決!

松山冬子の解決方法

問題を知る

まずは悩みとなる問題が発生した時は、何が問題となっているのか原因を探ることからしました。看護師同士の人間関係や患者との問題、他にも仕事などでの悩みというものは溢れ返っています。1つ1つ問題を探り原因を探し出すことによって解決しています。例を挙げるなら、患者さんから何か言われてしまうことがあれば、言い方や態度、他にも出産後の患者さんの心境をうまく察することができていないなど、まず自分の行動から見つめ直し改善を考えます。

【出題者:川本文乃】産科の看護師の悩み[悩みアンケートin大阪府]に関する情報

看護師達に聞いてみたアンケートサイト[インフォナース]